出発前の病気も補償

出発前の病気も補償
AIUの海外旅行保険
「既往症・持病※」を補償する特約を、保険期間(海外旅行期間)  31日までの全プランに自動セット。
海外旅行保険のパイオニアとして、数々の日本初のプランでお客さまのニーズにお答えしてきたAIU。AIUの海外旅行保険は、既往症・持病が原因による治療費用や救援費用を31日までの全てのプランで補償します。さまざまなリスクを幅広くカバーし、年令を問わず多くのお客さまに、より大きな安心をお届けします。
  • 海外旅行中に既往症・持病が急に悪化した際の応急治療費用や、3日以上入院した場合の救援費用も補償。より多くの方にご安心いただけます。
  • ※「既往症・持病」とは、ご旅行前に発病し医師の治療を受けたことのある病気をいいます(妊娠・出産・早産または流産に起因する病気および歯科疾病は含みません)。なお、日本に帰国されてから治療を受けた場合やご旅行前から渡航先で医師の治療を受けることが決まっていた場合の費用はお支払いの対象となりません。
  • ※既往症・持病の補償(疾病に関する応急治療・救援費用補償特約)の限度額は300万円(保険金額が300万円以上の場合、300万円を限度に補償)となります。
  • 保険期間(海外旅行保険)が31日までの全プランで既往症・持病を補償(疾病に関する応急治療・救援費用補償特約)

    海外旅行中に既往症・持病の急な悪化により医師の治療を受けた場合の治療費用や、3日以上入院し日本から家族が現地に向かう場合の救援費用を保険期間(海外旅行期間)31日までのご契約に自動的にセットします。

    • ※「既往症・持病」とは、ご旅行前に発病し医師の治療を受けたことのある病気をいいます(妊娠・出産・早産または流産に起因する病気および歯科疾病は含みません)。
    • ※「疾病に関する応急治療・救援費用補償特約」(保険期間31日までの契約に限る)に関するご注意/治療・救援費用、疾病治療費用または救援者費用には、「疾病に関する応急治療・救援費用補償特約」がセットされています。当特約では、「ご旅行前の病気に対する応急治療」が300万円を限度に補償されます。また、当特約がセットされる保険契約の保険期間は延長分も含め最長31日までです。 31日超の保険期間に延長する場合、31日を超える期間については、当特約はセットされません。・医師の処理、処方または健康上の理由により、旅行中も継続して支出することが予定されていた透析、インスリン注射、その他の薬剤等の費用などは、保険金をお支払いするこはできません。・ご旅行中に患っていた病気の治療の開始が海外旅行終了後である場合や、海外旅行開始前より渡航先の病院または診療所で医師の治療を受けることが決定していた場合(診療所の予約または入院の手配を含みます)などは、保険金をお支払いすることはできません。詳細は「海外旅行保険約款」「商品概要」をご参照ください。延長の手続きは、「ご契約のしおり」(保険小冊子)、e-policyの方はe-policy画面上にリンクされている「困ったときの状況チャート,緊急連絡先一覧,保険金請求のための必要書類案内」をご参照ください。

<引受保険会社>


お問合せ Contact Us

当サービスに関するお問合せは、下記までお願いします。
AIUインターネット旅行保険ダイヤルお問合せ(受付時間:9:00-17:00 土・日、祝日、年末年始を除く)
ご契約後に、期間延長・解約などのご相談がある場合は、ご本人確認とスムーズなお手続きのため、
お電話の前に契約証番号をご確認ください。
保険の延長・解約のお手続きは、お電話で承った後、ご署名・ご捺印を頂く書類を郵送いたします。

AIUの海外旅行保険は充実の補償内容で海外で万一の時も安心。海外旅行保険、留学保険(留学生保険)、駐在員保険ならAIU保険会社にお任せください。