損害サービス担当者の想い

医療保険西日本サービスセンター

林田 真由子

普段から心がけていること

お客さまご自身やご家族さまが病気になられ、それぞれのご事情により、多くの不安を抱えていたり、精神的に十分な余裕がない方が多くいらっしゃいます。そのような状況の中で、保険金請求のご連絡や、請求書類の記入・診断書等の手配など慣れない手続きを行うことはとてもストレスの掛かることだと思います。

そんな不安な思いで保険のご請求を行っていただいたお客さまに対し、少しでも不安な気持ちを軽減していただけるよう、丁寧でわかりやすいご案内をするように心掛けております。

また、保険金請求のご連絡を頂いてから一日でも早く保険金のお支払手続きを行い、お客さまの経済的なご負担を減らし、また少しでもお客さまの心の支えになれるよう、迅速かつ適切な保険金支払いをすることに努めております。

お客さまにご安心いただくために

医療保険の支払い業務においては、さまざまな病気の治療に関することや、公的医療保険制度についてなどの、医療に関わるさまざまな知識が必要となります。年々新しい病気が発見され、それに伴い治療方法は日々進歩し、国の保険制度も改定されております。そのため、お客さまに安心して保険のお手続きをしていただくために、保険知識以外にも、最新の医療情報や制度改定など、多くの情報を収集し社内で共有しております。

そして、常にお客さまの信頼に応えるために、医療保険支払い担当者全員が知識と経験を積めるよう日々の業務に取り組んでおります。

保険という商品は、もしものときのためのリスクに備えるものです。その「もしものとき」に直面されたお客さまが、私どもの対応や保険金支払いによって「AIUの保険に加入していてよかった」と思っていただけるよう、常にお客さまに寄り添い、誠心誠意、真摯な姿勢で対応しております。これからも当社が掲げている「Create New Value」を体現した“安心”を提供できる保険会社でありたいと思っております。

無断での使用・複製は禁じます。

最終更新日:2017/05/25 SV-00130C