損害サービス担当者の想い

イーストメディカルサービスセンター

松崎 奈々

普段から心がけていること

保険金請求のご報告を頂いてから、お客さまの精神的、経済的負担を少しでも早く軽減し、一日でも早く保険金のお支払手続き完了のご案内ができるようにしています。

私は医療保険の保険金支払を担当していますが、日々接するお客さまの中には、ご自身や、ご家族あるいは身近な方がご病気で不安を抱え、時間やお気持ちに十分な余裕がない状況の方が多くいらっしゃいます。そのような状況のなか、手続きを行ううえでお客さまが不安を感じないよう、電話や書面、またはお客さまに直接お会いする機会においては、できるだけ分かりやすい表現で説明するように心がけています。特に電話でご質問をいただくことが多くありますが、どのような不安や心配によるご質問なのか、思いを至らせながら、お客さまのニ−ズや背景を察し、その解消につながるご案内ができるように努めています。

お客さまにご安心いただくために

お客さまに、手続きに関してご不明な点がないかをお伺いすると、「何がわからないかもわからない」とお答え頂くことが非常に多くあります。

保険金の請求は、お客さまにとって日常生活上、なかなか接する機会がないことだと思います。そのため、お客さまとお話する際には気配り、丁寧な言葉遣いに細心の注意を払いつつ、どんな些細なことでも気兼ねなくご質問いただけるような雰囲気づくりを大切にしています。

そして、医療保険は、病気の治療に関することや、公的医療保険制度についての知識がとても重要となります。治療方法は日進月歩であり、制度も改定されていきます。そのため、お客さまに安心して保険のお手続きをしていただくために、常に高いアンテナを張り巡らせて最新の医療情報を入手しています。

万が一の時にご安心いただくための保険ですので、その「万が一」が訪れてしまったお客さまが、「保険に加入していてよかった」と思っていただけるよう、保険商品の価値を高めることが私達の使命だと思っています。

無断での使用・複製は禁じます。

最終更新日:2015/05/01 SV-00080C