株式会社キキ・コンサルティング 代表取締役 石田由紀子氏

会社経営が、学生時代からの夢。

学生時代から会社経営の夢をもち、将来は経営者を相手にコンサルティングの仕事をしたいと考えていた石田氏。その夢の実現への扉は、求人広告で偶然目にしたIS社員募集で開かれたという。

「『企業向けのリスクコンサルティングで独立』というIS社員制度の理念は、まさに私の目指す将来像に合致したプログラムだと感じました。」

そして、IS社員の具体的な制度内容を知るうち、その期待は、夢をつかむ確かなチャンスへと変わっていった。

「法人営業が中心なので、様々な経営者にお会いしながら、学びを得たいと考えていた私にピッタリだと思いました。また、損害保険業界は女性の少ない世界ですが、知識を積み上げれば、男女関係なく結果を残せる点にも惹かれました。損害保険の業務は、お客さまとの信頼・信用を得るために、地道な積み重ねが重要。まじめにコツコツと努力することが出来れば、女性でも挑戦できる世界です。そのプロに育ててくれる仕組みがIS社員制度にはあると感じ、保険業界に飛び込む決断をしました。」

IS社員時代に学んだことが、独立後も活かされる。

IS社員となった石田氏は、女性ならではの感性を活かして、一年目に新人賞を獲得。表彰式では全国から集うIS社員と情報交換し、更なる意識向上を図っていったという。とはいえ、すべてが順風満帆であったわけではない。

「営業活動がうまくいかず、自信を失うこともありました。でも、上司や先輩社員が男女関係なく、情熱をもって様々な助言をくださいました。また、同期の女性社員とは、悩みを打ち明けたり、一緒に解決法を考えることもありました。こうした周りの方々のバックアップ、そして独立という共通の夢をもつ人々と励まし合える環境が、夢をあきらめずにやり続けられた一番の要因だと思います。」

IS社員時代に学んだことは、独立後の現在も活かされていると石田氏は言う。

「企業のリスクは、業種ごと異なってきますが、IS社員制度の優れた教育システムのなかで徹底的に学びしました。そこで得た、あらゆる業種にも対応できる知識は、現在も弊社の大きな強みです。起業後も大きな案件の際は、AIUの担当者に相談できるサポート体制は、会社を経営していくうえで本当に助かっています。」

お客さまのあらゆる「危機」に、きめ細やかに対応。

IS社員を経て、1998年に独立した石田氏。その会社運営で目標にしていることを聞いてみた。

「お客さまに、『キキ・コンサルティングに任せれば安心』と言っていただける会社でありたいと思っています。そのためには、お客さまのあらゆる『危機』に対応できるかが重要です。IS社員時代に培った知識や提案力があれば、必ずお客さまのお役に立てると思っています。また、女性ならではのきめ細やかな対応が弊社の魅力と感じてくださるお客さまも多く、信頼関係を築くうえでも女性らしさが弊社の強みになっています。」

そして、企業の夢を果たして約15年経った現在、収入保険料は独立当初の5倍程に増大。経済面での成功も収めた石田氏だが、独立で得たものはそれだけではない。
「仕事の時間をコントロールできるようになったことに大きな価値を感じています。ビジネス関連の書籍を読んだり、セミナー等にも積極に参加することで、自己研鑽に時間を費やせるのは、本当に嬉しいこと。将来的には、仕事への思いや情熱を共有できる人材と支店を開設し、グループとして共に発展していく夢があります。IS社員時代に学んだことと、女性らしさを活かし続ければ、新たな夢も必ず実現できると信じています。」

動画インタビュー

印刷用PDFをダウンロード ※インタビュー日時:2013年5月 ファイルサイズ:1.7MB
ご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
>>Adobe Readerダウンロード

最終更新日:2013/07/04