スーパー上乗せ健保

メディカル総合保険

入院日数は減る傾向にある一方で、一日当たりの医療費は増加しています。そんな時代に頼りになるのは・・・
先進医療費用、入院中の治療のために自己負担した健康保険の一部負担金や差額ベッド代などの費用を補償する医療保険です。

安心の補償内容

  • 公的医療保険(健康保険等)の一部自己負担部分※1を補償します。
  • 先進医療の技術料および交通費を補償します。
  • 個室等を利用された場合の差額ベッド代※2を補償します。
  • 回復支援費用保険金で抗ガン剤治療を受けたことによる脱毛のためのウィッグ(かつら)などの購入費用や乳ガンで失った乳房の再建費用などを補償します。
  • 特定の疾病と診断された場合、特定疾病診断給付金をお支払いします。
  • AIUならではの各種サービスをご利用いただけます。
  • ※1 お支払い額は高額療養費、付加給付を差し引いた額となります。
  • ※2 差額ベッド代は1万円×入院日数の金額が限度となります。ただし、医師が治療上の必要性を認めた場合はこの限度額を適用しません。

1公的医療保険(健康保険等)の一部自己負担部分を補償します。

平均入院日数(一般病床)
医療の急速な進歩などにより、平均在院(入院)日数は減少しています。スーパー上乗せ健保は、入院が1泊2日以上継続した場合に、入院中の治療のために負担した公的医療保険(健康保険等)の一部自己負担部分を補償します。

2先進医療の技術料および交通費を補償します。

「先進医療」とは、厚生労働大臣が認めた高度な医療技術の治療や手術をいい、先進医療を受けられる医療機関は厚生労働大臣が認める医療機関に限られます。詳細については厚生労働省のホームページにて、「先進医療の概要について」を検索のうえ、ご確認ください。

3個室等を利用された場合の差額ベッド代を補償します。(1万円×入院日数の金額を限度

※医師が治療上の必要性を認めた場合はこの限度額を超えてもお支払いします。

差額ベッド代の1日あたりの平均費用(1人室〜4人室)
プライバシーが確保された個室(一人室)で治療に専念しようとした場合、差額ベッド代は全額自己負担となります。その差額ベッド代の平均費用は1日あたり約7,500円になります。
スーパー上乗せ健保は、差額ベッド代の費用を1万円×入院日数の金額を限度にお支払いします。

4回復支援費用保険金で以下の費用を補償します。

  • 1入院して、抗ガン剤治療などを受けたことによる脱毛のためのウイッグ(かつら)の購入費用
  • 2乳ガン(乳房の悪性新生物)の手術によって失った乳房の再建手術など、ガンの手術や外傷または火傷などによって失った組織を、外科手術によって再建または復元するための費用
  • 3脳梗塞のリハビリなど、療養・介護のために必要となった機器の購入費用
  • 4両目が失明したなど、所定の高度障害状態になった場合に必要となった住宅改造費用

5特定の疾病と診断された場合、特定疾病診断給付金をお支払いします。(注)

(注)特定疾病の種類に応じた支払要件に該当した場合に、保険金をお支払いします。

疾病別平均在院(入院)日数
平均在院(入院)日数は減少する中で、疾病の種類によっては入院の日数が長期にわたる場合があります。特定疾病診断給付金により、長期の入院にも備えることができます。
支払要件

このページにおけるご注意

※この情報は2013年7月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/09/30 W-000617