医療保険 / 入院保険

2013年4月1日以降に満期を迎えられるお客さまへ

改定時期

2013年4月1日(月)以降を保険期間開始日とする契約(新規・継続契約)

対象商品

  • ① スーパー上乗せ健保
  • ② スーパー上乗せ健保 ガン保険
  • ③ シニアにきちんと!医療保険

(ご注意)終身医療保険は、改定の対象外となりますので、ご注意ください。

補償の改定内容

1.治療費用補償特約の差額ベッド代の補償内容を拡大

改定前
改定後
1日につき1万円を限度に実費を補償
1万円×入院日数の金額を限度に実費を補償

【例】入院期間5日間のうち、最初の2日間の差額ベッド代は発生していないが、 3日目から1日1.5万円の差額ベッド代がかかる病室に入院した場合の保険金支払い

改定前
最初の2日間:実際の支払い(負担)が発生していないため保険金の支払いはありません。
残りの3日間:1日につき1万円が限度となるため1万円×3日間=3万円  合計:3万円の保険金支払い
改定後
1日1万円×入院日数を限度:1万円×5日間=5万円を限度に実費を補償します。
実際に支払った費用(実費):1.5万円×3日間=4.5万円        合計:4.5万円の保険金支払い

2.高額医療・住宅改造費用等補償特約の特約名称および補償内容の改定

改定内容
改定前
改定後

①特約名称の改定

高額医療・住宅改造費用等補償特約
回復支援費用補償特約

②免責金額(自己負担額)の改定

保険金額の1%
保険金額に関わらず一律3万円

③保険金支払い対象期間を拡大

入院開始日〜入院終了日より1年
入院開始日〜入院終了日より2年

3.先天性異常の場合の取り扱いの改定

改定前
改定後
先天性異常については、保険金をお支払いできません。
保険期間中に初めて先天性異常と診断された場合は保険金をお支払いします。ただし、保険期間の開始時(注)より前に診断された先天性異常については、保険金をお支払いできません。

(注)継続契約の場合には、継続されてきた最初の保険契約の保険期間の開始時となります。

4.病気やケガによる再入院の場合の取扱いの改定

改定前
改定後
病気やケガの治療のため入院した場合で、入院が終了した日からその日を含めて6ヶ月以内に、再びその病気・ケガによって入院した場合には、前の病気・ケガと後の病気・ケガは同一とみなします。
病気やケガの治療のため入院した場合で、入院が終了した日からその日を含めて180日以内に、再びその病気・ケガによって入院した場合には、前の病気・ケガと後の病気・ケガは同一とみなします。

5.保険期間開始前の病気・ケガの治療に対する取扱いの改定

改定前
改定後
保険期間の開始時(注)より前に被った身体障害(病気・ケガ)であっても、その身体障害に関する治療が終了した日からその日を含めて2年を経過した日の翌日以降は、その身体障害はなかったものとみなし、保険金をお支払いします。
保険期間の開始時(注)より前に被った身体障害(病気・ケガ)であっても、保険期間の開始時(注)の属する日からその日を含めて2年を経過した日の翌日以降に生じた保険金の支払事由については、保険期間の開始時(注)以降にその原因となった身体障害を被ったものとみなし、保険金を支払います。ただし、同一の身体障害に対する支払事由が保険期間の開始時(注)の属する日からその日を含めて2年以内に生じていない場合に限ります。

(注)継続契約の場合には、継続されてきた最初の保険契約の保険期間の開始時となります。

このページにおけるご注意

※この情報は2013年4月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/04/01 W-000556