スーパー上乗せ健保 ガン保険

メディカル総合保険 ガンのみ補償特約セット

ガンに対する治療の際の先進医療費用、さらには入院中に治療のために自己負担した健康保険の一部負担金や差額ベッド代などの費用を補償するガン保険です。また、乳ガンの手術によって失った乳房の再建費用や抗ガン剤治療により脱毛した場合のかつらの購入費用などを補償する特約をセットすることも可能です。

医療制度の現実

ご存知ですか?医療制度の現実

注目されているガンの先進医療(粒子線治療)

痛みの伴う外科手術、副作用のある抗ガン剤に対し、粒子線治療は開腹する必要がなく、痛みも残らず、早く社会復帰できるというメリットがあります。

  • ※「先進医療」とは、厚生労働大臣が認めた高度な医療技術の治療や手術をいい、先進医療を受けられる医療機関は厚生労働大臣が認める医療機関に限られます。詳細については厚生労働省のホームページにて、「先進医療の概要について」を検索のうえ、ご確認ください。
  • ※「粒子線治療」とは、粒子線を用いた放射線療法のことで重粒子線治療と陽子線治療があります。
  • ※治療効果には個人差があります。
  • 先進医療の技術料は全額自己負担です。

    先進医療を受ける場合、診察、検査、投薬、入院料などは公的医療保険が適用されます。
    しかし先進医療の技術料は公的医療保険が適用されず、全額自己負担となります。

  • 先進医療が受けられる医療機関は限られます。

    先進医療を受けられる医療機関は、厚生労働大臣が認める医療機関に限られます。厚生労働大臣が認める医療機関数は決して多くありません。そのため、先進医療の治療を受ける際、その医療機関までの交通費が高額となる可能性があります。

先進医療にかかる技術料の自己負担額と平均入院期間

先進医療技術
技術料
(平均額)
平均
入院期間
重粒子線治療
約295万円
20.9日
陽子線治療
約268万円
17.8日

(注)厚生労働省「平成23年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」をもとに技術料(平均額)を算出

日本の粒子線治療施設のうち、先進医療を実施している医療機関

(平成25年7月現在)

出典:厚生労働省 先進医療を実施している医療機関の一覧(平成25年7月現在)

「スーパー上乗せ健保 ガン保険」の治療費用補償特約なら、

  • 1自己負担となる先進医療(技術料)を補償します。
  • 2先進医療(技術料)は入院・通院を問わず補償します。
  • 3先進医療施設までの交通費も補償します。

このページにおけるご注意

※この情報は2013年7月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/09/30 W-000618