外航貨物海上保険

保険期間

外航貨物海上保険では、自動車保険や火災保険のような 「○年○月○日から一年間」 といった期間建ではなく、 「A地点からB 地点まで」のように輸送区間によって保険期間(責任の始終)を定める航海建となります。 また、「戦争危険」だけは、「海上危険」・ 「ストライキ危険」と保険期間が異なりますので、ご注意ください。

保険期間

海上危険・ストライキ危険

通常の契約では、貨物が証券記載の仕出地の倉庫や保管場所から、輸送開始のために直ちに積み込む目的で初めて動かされた時から開始し、通常の輸送過程にある間継続し、証券記載の仕向地の最終倉庫または保管場所において輸送用具からの荷卸しが完了した時に終了します。

しかしながら、次のような場合には、たとえ輸送の途中であっても保険は終了しますのでご注意ください。

  • (1)通常の輸送過程以外の保管または、貨物の割当てもしくは分配のために、倉庫において荷卸しされた場合
  • (2)通常の輸送過程以外の保管のため、輸送車両もしくはその他の輸送用具またはコンテナを使用した場合
  • (3)本船から荷卸しされて60日(航空機の場合は30日)を経過した時

FOBまたはCFR(C&F)条件での輸入の場合、貨物が本船に積み込まれた時から保険が開始します。これを規定した約款が、“F.O.B. Attachment Clause”です。

戦争危険

原則として海上(航空)輸送中のみが戦争危険の保険期間となります。具体的には、貨物が本船(航空機)に積み込まれた時から開始し、最終荷卸港(地)において本船(航空機)から荷卸しされた時、または本船(航空機)が最終荷卸港(地)に到着後15日を経過した時に終了します。

保険手配が必要な場合

外航貨物海上保険を輸出者・輸入者のうち、どちらが手配する必要があるのかについては、両者の間で締結される売買契約の取引条件によって決まります。国際貿易取引では、国際商業会議所が定めるインコタームズ(INCOTERMS:International Commercial Terms)が最も一般的に使用されている国際規則です。日本と相手国のどちらで外航貨物海上保険を手配するのかを、主な取引条件において簡単にまとめると、以下の表のようになります。

 
輸出
輸入
CIF
×
CFR(C&F)
×
FOB
×

○…日本で保険を手配する場合
×…相手国で保険を手配する場合

このページにおけるご注意

※この情報は2015年2月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • お近くのAIU
  • お問合せ

最終更新日:2015/02/24 W-000699