組立保険

AIUの組立保険は、建物の内・外装工事、電気設備工事・空調設備工事・給排水設備工事・ガス設備工事等のビルの設備工事中の工事対象物に、また、機械設備や鋼構造物などの据付け、組立て中に不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。

組立保険総括契約に関する特約(保険料確定方式)

建物の内・外装工事、ビルの設備工事にAIUの組立保険総括契約(保険料確定方式)をおすすめします。

組立保険総括契約(保険料確定方式)の特徴

1経営安定

組立工事中に生じる不測の損害による突然の出費を予算化できます。

2安心

保険期間中(ご契約期間:1年間)に貴社が施工しているすべての対象工事をまとめて補償しますので、保険の手配漏れのご心配がありません。

3簡単

直近会計年度における対象工事の完成工事高をお知らせいただくだけで、年間の保険料を算出しますので、お見積りも簡単です。

4便利

保険料分割払の場合、口座振替もご利用いただけます。

5効率的

年間総括契約のため、1工事ごとに保険を手配する必要がありません。ご契約後も、1件ごとに工事内容の通知や保険料の精算をしていただく必要はありませんので、事務処理を効率化できます。

組立保険総括契約(保険料確定方式)の概要

対象となる工事

保険期間中に施工される次のすべての工事が対象となります。

建物の内・外装工事

電気工事・冷暖房工事・給排水衛生・ガス設備工事などのビル付帯設備工事

以下の工事は対象となりませんのでご注意ください

  • 土木工事(基礎工事を含みます)
  • 鋼構造を主体としない建物の建築工事
    ただし、コンクリート製サイロ、灯台の工事は対象となります。
  • 船舶に関わる工事
  • 分解・解体・撤去工事
  • JV工事(発注者より一括して発注される場合)

建物の内・外装工事、ビル付帯設備工事以外の工事が含まれる場合には、取扱代理店または弊社にお問い合せください。

保険の対象

工事現場における次の物が保険の対象となります。

1 工事の目的物およびその材料

2 仮枠、足場、電気配線、配管、電話・伝令設備、照明設備その他の工事用仮設物

3 現場事務所、宿舎、倉庫その他の工事用仮設建物およびこれらに収容の什(じゅう)器・備品

以下の物は保険の対象から除外されます
  • 据付機械設備等の工事用仮設備、工事用機械器具およびこれらの部品
  • 航空機、船舶もしくは水上運搬用具、機関車、自動車その他の車両
  • 設計図書、証書、帳簿、通貨、有価証券その他これらに準ずる物
  • 触媒(ばい)、溶剤、冷媒(ばい)、熱媒(ばい)、ろ過剤、潤滑油その他これらに類する物
  • 原料または燃料その他これらに類する物

保険契約者

発注者または受注者などの工事関係者が保険契約者となります。

被保険者

原則として、対象工事にかかわる発注者、受注者などの工事関係者となります。

保険期間(保険責任期間)

保険期間は1年間とし、保険期間中に発生した事故を補償します。個々の工事ごとの保険責任期間(補償の対象となる期間)は、下の図のとおりです。

保険期間(保険責任期間)

保険金額

保険契約締結時の直近の会計年度(1年間)における対象工事の完成工事高の税込総額を保険金額とします。

  • 対象とならない工事の金額が算入されているときはその金額を控除します。
  • 対象とする工事を限定してご契約いただく場合(民間発注工事のみ等)は、直近会計年度における工事実績の内訳を対象工事・対象外工事ごとに分類把握できる資料(工事経歴書等)をご用意ください。

補償内容

お支払いする保険金

このページにおけるご注意

※この情報は2013年4月1日現在のものです。

このホームページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/04/01 W-000562