建設工事保険

AIUの建設工事保険は、建築中の建物に不測かつ突発的な事故により損害が生じた場合、その復旧費を補償する保険です。

個別契約

建設工事保険の概要

対象となる工事

ビル、工場、住宅などの建物の建築工事が対象となります。(増築・改築・改装・修繕工事を含みます。)

以下の工事は対象となりませんのでご注意ください

  • 解体・撤去・分解または取片づけ工事
  • 土木工事を主体とする工事、鋼構造物等の据付、組立工事を主体とする工事
  • 建物の基礎工事、付帯工事のみを施工する工事

保険の対象

工事現場における次の物が保険の対象となります。

1 工事の目的物

2 上記 1 に付随する支保工、型枠工、支持枠工、足場工、土留工、防護工、その他の仮工事の目的物

3 工事用仮設物(電気配線、配管、電話・伝令設備、照明設備および保安設備に限ります。)

4 現場事務所、宿舎、倉庫、その他の工事用仮設建物およびこれらに収容されている什(じゅう)器・備品(家具、衣類、寝具、事務用具および非常用具に限ります。)

5 工事用材料および工事用仮設材

※上記 3 〜 5 については、その工事専用でない場合には、特別の約定がない限り、保険の対象に含まれません。

※工事現場とは、請負契約書記載の工事の場所です。この工事現場以外に資材置場や仮設建物があり、この工事専用の用途である場合には、申込書に明記して、工事現場に含めることができます。

以下の物は保険の対象から除外されますのでご注意ください

  • 据付機械設備等の工事用仮設備(据付費および付帯設備工事費を含みます。)および、工事用機械器具ならびにこれらの部品
  • 航空機、船舶、水上運搬用具、機関車、自動車その他の車両
  • 設計図書、証書、帳簿、通貨、有価証券その他これらに類する物

保険契約者

発注者または受注者(請負業者)などの工事関係者が保険契約者となります。

被保険者

工事業者(元請負業者)、発注者、下請負業者、専門工事業者などの工事関係者となります。また、工事用仮設物などにリース物件がある場合には、リース業者(所有者)も被保険者に含めてご契約ください。

保険期間(保険責任期間)

工事着工(着手)の時から工事の目的物の引渡し予定時までの工事期間を保険期間とし、ご契約ください。

保険期間(保険責任期間)

以下の場合は保険期間(保険責任期間)が変わりますのでご注意ください

  • 基礎工事を除く場合は、基礎工事完成の時(基礎工事完了)よりご契約していただきます。
  • 工事用材料および工事用仮設材は、保険期間中であっても、工事現場において輸送用具から荷卸しが完了した時から補償が始まります。
  • 保険期間中であっても、工事の目的物が引渡された時に補償は終了します。
  • 保険期間中に工事の目的物が完成しないときは、その保険期間の終了前に保険期間延長のお手続きが必要です。

保険金額

対象となる工事の請負金額を保険金額とします。(消費税を含みます。)

  • 支給材料の金額が算入されていない場合は、その金額を請負金額に加算します。
  • 基礎工事を除いてご契約される場合、または対象に含まれない工事の金額が算入されている場合は、請負金額よりその金額を除きます。
  • 出精割引がある場合は、割引された額を請負金額に加算します。
  • 自社物件工事などの請負金額がない場合は、保険の対象を完成するために必要な金額を保険金額とします。
  • 保険金額が請負金額に不足するときは、その不足する割合によって、お支払いする保険金を削減させていただきますのでご注意ください。
  • 保険期間中に請負金額が変更されたときには、保険金額の変更のお手続きが必要です。
保険金額=請負金額

補償内容

お支払いする保険金

このページにおけるご注意

※この情報は2013年4月1日現在のものです。

このホームページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/04/01 W-000561