インランド・フローター保険(加工一貫条項、新加工一貫条項)

Inland Floater(インランド・フローター)保険の加工一貫条項(Rider-E)・新加工一貫条項(Rider-H)は、原材料、仕掛品、製品、商品、在庫品などの動産を対象とし、運送中、保管中、加工中などを一貫して補償します。
さまざまな工程を経て製造される貴社の大切な商品や製品について、一般の火災保険では補償されない運送中や加工中の外的要因による偶然な事故による損害を補償します。(ただし、保険金をお支払いできない場合を除きます。)

新加工一貫条項のご契約条件

新加工一貫条項でご契約いただける場合(条件)

1.事業規模

年間売上高: 1億円以上10億円以下の企業

保険料確定方式でのご契約は、直近の会計年度における税込年間売上高

保険料暫定方式でのご契約は、見込みの年間売上高

2.業種

  • 紳士・婦人・子供服製造卸業
  • Yシャツ・下着類製造卸業
  • 織物・糸等染色整理卸業
  • 産業機械製造業
  • 金属製品製造卸業
  • 電子機器・部品製造業
  • 通信機器・部品製造業
  • 精密機械製造業

3.保険金額等

自社のすべての保管場所の保険金額(てん補金限度額)と、下請け等で保険金額が1,000万円を超える事業所の保険金額の合計額が、保険料を算出するための基礎数字(直近の年間売上高)の30%以下である場合

これらの保管場所や下請け先等は、それぞれの保管場所ごとの保険金額を明記してご契約いただきます。

ご契約例

事業規模

直近の会計年度における税込年間売上高: 5億円

業種

電子機器製造業

保険金額

自社工場
A:5,000万円
自社工場
B:500万円
自社倉庫
C:3,000万円
下請工場
D:3,000万円
下請工場
E:1,000万円
 
下請工場
F:1,000万円
 
下請工場
G:500万円
 

※○は保管場所を特定し、それぞれの保険金額を明記します。

※Bは1,000万円を下回りますが、自社工場のため明記します。

※下請工場は1,000万円以下の場合、特定しない場合でも自動で補償の対象となります。

合計保険金額: A+B+C+D=11,500万円
年間売上高の30%(=15,000万円)≧ 合計保険金額

→ 新加工一貫条項でご契約いただけます。

保険料確定方式でご契約いただく場合

保険算出基礎数字の確認のために、ご契約時に下記書類をご提出ください。

  • 損益計算書(法人の場合)
  • 税務申告書類(税務署の受領印が押印されているもの)

保険料確定方式にできない場合

下記に該当する場合は保険料確定方式にはできません。暫定方式でのご契約となります。

  • 新規事業・新設法人などの理由により、直近の会計年度の年間売上高を把握できない場合
  • 決算期変更などの理由により、直近の会計年度が1年間でない場合
  • その他確定保険料として取り扱うことが適切ではない場合(会社合併、事業売却、事業転換など)

保険料暫定方式

毎月の報告や保険料精算の不要な保険料確定方式をお勧めしますが、上記などの理由により保険料確定方式にできない場合は、保険料暫定方式でご契約ください。

年間の見込売上高を基準に保険料を計算します(予納保険料)。

毎月、前月1か月の売上高をご報告(通知)いただき、この売上高に応じて保険期間終了時に保険料の精算を行います。

  • 年間最低保険料は、年間見込売上高にこの保険契約の保険料率を乗じた額の50%または3万円のいずれか高い額とします。
  • ご通知いただいた直近の売上高が、実際の価額より低い場合あるいはご通知いただかなかった場合は、損害額の全額をお支払いできないことがあります。

このページにおけるご注意

※この情報は2013年4月1日現在のものです。

このホームページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2013/04/01 W-000559