事業総合賠償責任保険「STARs」建設業

経営を揺るがす第三者賠償リスク。「STARs」は、建設業を営む皆さまの事業遂行に伴う法律上の損害賠償責任を包括的に補償します。

補償内容

保険金をお支払いする場合

STARs建設業向では、次の5つのリスクに対する補償を基本契約とします。

業務遂行・施設リスク

次のような対人・対物事故によって被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します。

1 貴社が行う建設工事中の対人・対物事故

2 貴社の営業活動や貴社の施設(本社、事務所、資材置場等)の所有・使用・管理に起因する対人・対物事故

3 不測かつ突発的に発生した汚染物質の流出に対する汚染浄化費用(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)

事故例
  • ビル建設工事中、鉄材を落下させてしまい、道路を歩いていた通行人に当たり、死亡させてしまった。
  • プレハブ住宅工事現場でアウトリガーの固定が不安定だったためクレーン車が転倒。隣家を損壊し、住人にケガをさせてしまった。(自賠責保険(対人事故の場合)、自動車保険の上乗せ補償となります。)

生産物・完成作業リスク

次のような対人・対物事故によって被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します。

1 貴社が行った建設工事の引渡し後に発生した対人・対物事故

2 貴社が製造・販売した資材等の製品・商品(生産物)に起因する対人・対物事故

事故例
  • 電気設備改修工事の絶縁ミス(被覆不十分)により、工事引渡し後に火災が発生。事務所の一部と什器備品を焼損してしまった。
  • 店舗工事の引渡し後、排水管の接続不備によりトイレの排水が漏水、階下のゲームセンターを汚損してしまった。

純粋財物使用不能リスク

第三者の財物に物理的な損壊を与えることなく使用不能(次の1 2をいいます。)にしたことによって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場 合の損害を補償します(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)。

1 貴社の建設工事、営業活動や施設の所有・使用・管理に起因する事故による第三者の財物の使用不能

2 貴社が行った仕事の結果や貴社が製造・販売した製品・商品(生産物)に起因する第三者の財物の使用不能。ただし、その仕事の結果や生産物自体に物理的な損壊が生じた場合に限ります。

事故例
  • ビル建設工事中にクレーン車が倒れ、近接の店舗に物的損害は与えなかったものの、営業を妨げて休業損失を発生させてしまった。

人格権侵害・宣伝障害リスク

次のような人格権の侵害または宣伝活動に起因する権利侵害によって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します(保険期間中500万円を限度にお支払いします。)。

1 第三者の自由の侵害、名誉毀損(きそん)、プライバシーの侵害の事故

2 ホームページやパンフレットなどの宣伝活動に伴う著作権の侵害の事故

事故例
  • 子供が隠れていることに気付かず倉庫を施錠してしまい、翌日に閉じ込められている子供を発見した。

工事遅延損害リスク

貴社が元請となる工事の遂行に起因して発生した対人・対物事故を直接の原因として、工事請負契約書上の履行期日の翌日から起算して6日以上の遅延が生じたことにより、被保険者が工事請負契約書に基づいて法律上の損害賠償責任を負担する場合の損害を補償します(保険期間中500万円または所定の算式により計算された金額のいずれか低い方を限度にお支払いします。)。

事故例
  • 元請工事中の第三者死亡事故の現場検証のために、工事が2週間中断。請負契約書の履行期日に引渡しできず、発注者から請負契約書に基づく遅延損害金を請求された。

オプション特約

貴社の業態やご要望に合わせてオプション特約を選択いただけます。

作業対象物損壊担保特約
工事中に作業対象物を壊してしまったときのために。
受託物損害担保特約
レンタル建機・支給資材の損壊や盗難が発生したときのために。
重複保険規定不適用特約
事故が発生!元請の保険を使わずに対応したいときのために。
リース・レンタル建設用工作車特約
レンタル建機を壊してしまったときのために。
使用者賠償責任保険特約
労災事故が起こったときのために。
個人情報漏洩危険担保特約
貴社が管理する個人情報が漏洩してしまったときのために。
仕事の目的物の損壊担保特約
対人・対物事故と一緒に仕事の目的物を壊してしまったときのために。

※支払限度額をアップした「増額型」のプランもございます。

用語のご説明

被保険者

… 記名被保険者および保険の約款で被保険者として規定された方をいい、この保険の補償を受けられる方をいいます。

対人・対物事故

… 他人の身体に傷害や疾病およびこれらに起因する後遺障害または死亡を生じさせることを対人事故といい、他人の財物を滅失、毀損(きそん)または汚損すること(紛失することまたは盗取・詐取されることは除きます。)を対物事故といいます。 あわせて対人・対物事故といいます。

使用不能

… その財物が通常有している機能、用途または利用価値が阻害された状態にあることをいいます。

このページにおけるご注意

※この情報は2014年5月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • お近くのAIU
  • 資料請求
  • お問合せ

最終更新日:2014/05/22 W-000671