コンテンツビジネスガード

業務過誤賠償責任保険普通保険約款 コンテンツ事業特約

AIUのコンテンツビジネスガードは、コンテンツ事業者の提供するサービスが原因で、取引先など第三者に損害を与えてしまい、保険期間中に損害賠償請求された場合に対応する保険です。

特長

1 コンテンツ事業者をとりまく賠償リスクを包括的に補償

コンテンツビジネスガードでは、コンテンツ事業者が提供したサービスに起因して発生した取引先からの損害賠償に対応する保険です。

2 「知的財産権特約」のセットにより、著作権・商標権侵害リスクにも対応

提供したコンテンツサービスに含まれていた、映像・音楽・写真などあらゆる著作権、商標権侵害リスクに対応します。コンテンツの著作権について権利処理していたつもりであっても、予期していない著作権者から権利主張されることがあります。このような賠償リスクに対しても補償できます。ただし、コンピュータプログラムの著作権、特許権、営業秘密は除きます。

3 「争訟費用」も対象!

訴訟になると、「請求が高額な場合」や「訴訟が長期化した場合」には、弁護士費用が高額になることがあります。コンテンツビジネスガードでは、この場合の弁護士費用を「争訟費用」としてお支払いします。

4 「役員」「従業員」も補償の対象!

コンテンツビジネスガードは、「会社」だけでなく「役員個人」「従業員個人」に対して損害賠償請求を提起されても補償の対象となります。

このページにおけるご注意

※この情報は2013年4月1日現在のものです。

このページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • お近くのAIU
  • 資料請求
  • お問合せ

最終更新日:2013/04/01 W-000130