企業地震保険

企業財産保険+財物損害補償特約+地震・噴火危険補償特約(財物損害補償特約用)

世界有数の地震国、日本!いつ、どこで大地震が発生しても不思議ではありません。

企業地震保険の3つの特長

1企業財産保険(プロパティーガード)にセットできます。

2保険料は月払口座振替でお支払いいただけます。

3専門スタッフによる建物・設備・機械等の「評価サービス」がご利用になれます。

保険金をお支払いする主な場合

企業地震保険の地震・噴火危険補償は

地震または噴火により生じた

1 火災、破裂・爆発

2 損壊、埋没

3 津波、洪水等の水災

によって保険の対象が損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

お支払例 地震で火災が発生し、建物等が焼失した。 地震で建物が倒壊、損傷を受けた。 地震による津波で建物が流された。

企業地震保険のご加入にあたって

企業財産保険(プロパティーガード)+財物損害補償特約+地震・噴火危険補償特約(財物損害補償特約用)=企業地震保険

  • 地震・噴火危険補償特約(財物損害補償特約用)だけではご加入できません。
  • ご加入に必要な情報収集を行いますので、ご協力をお願いします。

地震・噴火危険補償特約(財物損害補償特約用)をおつけになれる物

財物損害補償特約の保険の対象と同様とします。

建物 什器・備品(商品、製品等はお引き受けしておりません。) 機械類
  • 住居部分のある建物については別途地震保険でのお引受けとなります。

※企業財産保険(プロパティーガード)では、個人が所有する住居部分がある建物および家財はお引き受けできません。

(注)建物の構造や建物が建築された時期および所在地等によってはお引き受けができない場合がありますのであらかじめご了承ください。

縮小支払割合の約定

保険金額(※)とは別に、地震損害に対する支払割合(縮小支払割合)を約定します。

(※)地震・噴火危険補償特約(財物損害補償特約用)の保険金額は、財物損害補償特約の保険金額と同額となります。

このページにおけるご注意

※この情報は2014年12月1日現在のものです。

このホームページは保険の概要をご説明したものです。
詳細につきましては、パンフレットをご覧いただくか、取扱代理店または弊社にお問い合せください。
また、ご契約に際しましては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。

無断での使用・複製は禁じます。

お電話でのお問合せ 0120-321-564(通話料無料)受付時間:午前9時〜午後5時(土・日・祝日・年末年始を除く)

資料のご請求、ご相談・お申込み

  • 資料請求
  • 代理店のご案内
  • お問合せ

最終更新日:2014/12/01 W-000691