プレスリリース

2013年8月30日

AIU損害保険株式会社

『CargoLITE®』を輸入用として拡充、輸出・三国間用『CargoLITE EX』も新発売
〜 2つのパッケージ型の外航貨物海上保険で企業の皆さまをサポート 〜

AIU損害保険株式会社(代表取締役社長 兼 CEO 小関誠、以下AIU)は、貿易に携わる企業の皆さまに手続きが簡素化された外航貨物海上保険のパッケージ型保険商品を発売します。日本への輸入には『CargoLITE®』を拡充し、日本からの輸出または三国間輸送には新たに『CargoLITE EX』を開発しました。

2013年4月に発売した『CargoLITE®』では、貿易額(*1)が5億円未満のお客さまを対象に支払保険金5,000万円を限度とした商品をご提供しておりましたが、対象規模の拡大を求める声にお応えし、このたび輸入貿易額18億円未満までの企業の皆さまも加入いただけるよう、支払保険金額の限度を1億円に拡大し、日本への輸入を対象とした商品として『CargoLITE®』を改定しました。

(*1)貿易額とはCIFでの輸出やFOBでの輸入など、日本で保険手配が必要な貿易額(CIF価額)です。

また、輸出や三国間輸送をされるお客さま向けの商品として『CargoLITE EX』を新たに発売します。原則、証券省略方式となりますが、L/C決済等で保険証書が必要な場合には、MariNet(*2)によりお客さまご自身で証書を発行することができるなど、お客さまのニーズに合った対応が可能となります。『CargoLITEE®』とは別商品として輸出または三国間輸送に特化した商品とすることで貿易区分による商品ラインナップを整え、事務手続きを含めてより分かりやすい商品構成としました。

(*2)MariNetは、AIUのインターネット保険申し込みシステムです。ご利用いただくことにより簡単に保険証書の発行ができ、様々な取引形態に対応することが可能となります。

さらに、企業の様々な貿易、物流オペレーションに対応するため、『CargoLITE®』、『CargoLITE EX』、共に2つの特約を新たに追加しました。外装梱包が損害を受けた場合の交換費用をお支払いする「再梱包費用特約」と、インボイス記載の荷受場所での荷卸完了まで保険期間を延長する「特別運送約款」を新たに特約パッケージに追加し、補償内容の充実化を図りました。『CargoLITE®』、『CargoLITE EX』、共に1億〜18億円未満までの貿易額に応じて19の保険料プランを設定したパッケージ型保険商品で、企業の皆さまのリスクマネジメントのお手伝いをいたします。

【CargoLITE® (輸入用)の主な特徴】

・年間暫定保険料と年1回の確定精算

年に1回確定した輸入貿易額をご報告いただき、暫定保険料との精算を行なうため保険手続きが簡易です。

(保険料プラン表) *満期後に確定精算を行ないます

【CargoLITE EX(輸出・三国間輸送用)の主な特徴】

・確定保険料を年間一括払い

ご契約開始時に年間の輸出及び三国間輸送の貿易額を基に1年間の確定保険料を決定します。
輸送ごとのお申し込み(確定通知)は不要で、確定精算も無いため、事務手続きが簡素化されます。

・証券省略方式、またはMariNetによる証券発行

輸送ごとの保険証書の発行を行なわないNon Policy方式、または保険契約に関するデータをお客さまご自身でインボイスに挿入していただくInsured Invoice方式(*3)の採用で保険証書(Certificate)の発行を省略します。必要に応じてMariNetによる保険証書発行も可能です。

(*3) インボイスそのものが保険証書の機能を持ちます。

(保険料プラン表) *1年間の確定保険料です

『CargoLITE®』、『CargoLITE EX』は、海外進出する中小企業向けに開発した専用商品WorldRisk®の姉妹商品です。AIUは、世界のマーケットで培われたノウハウを活かして、輸出入ビジネスを展開されているお客さまのニーズに合ったさまざまなソリューションプランをご提供してまいります。

最終更新日:2013/08/30 CO-00050P