プレスリリース

2013年6月11日

UCDAアワード2013 損害保険自動車保険金請求書部門で「特別賞」を受賞
〜 お客さまの立場に立ったわかりやすく記入しやすい書類が高い評価 〜

AIU損害保険株式会社(代表取締役社長兼 CEO 小関誠、以下AIU)は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(以下UCDA)主催のUCDAアワード2013(*)における損害保険自動車保険金請求書部門で、特に優れた取り組みのあった企業に贈られる「特別賞」を受賞しました。

「UCDAアワード2013」では、新たに消費者団体が評価者に加わり、これまでのアワードにおける「情報のわかりやすさ」に加え、情報自体の安全性、すなわち「伝達品質の保証」がテーマとなりました。
評価対象となった損害保険の保険金請求書は、事故に遭った際に保険会社へ保険金を請求するための書類で、不慣れな記載事項が多く、一般的に保険会社のサポートが必要とされています。このたび、当社の自動車保険金請求書は、お客さまの立場に立って、わかりやすく、記入しやすいものにしようと取り組んだ結果が高く評価され、「特別賞」を受賞しました。

受賞理由
『デザインがシンプルで、色の使い方(色彩設計)が高い評価を得た。また、読むべき箇所と、記入すべき箇所がよく整理されていて、お客さまの立場に立った保険金請求書となっている。』

当社においては、昨年受賞しました損害保険募集ウェブページ部門「情報のわかりやすさ賞」に続く2年連続の受賞となりました。

AIUは、これからもお客さまに信頼と安心をお届けし、お客さまに選ばれ続ける保険会社を目指してまいります。

(*) UCDAアワードは、UCDAが独立した第三者として、企業が発信する情報を、産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して、客観的に評価・表彰するものです。詳細につきましては、UCDAのウェブサイトをご確認ください。

 http://www.ucda.jp/jp/award/2013/kekka.shtml

以上

最終更新日:2013/06/11 CO-00047P