プレスリリース

2013年3月28日

iPad上での保険商品の法人契約が可能に
〜中小規模の企業を対象に今夏から導入〜

AIU保険会社(日本における代表者 会長兼CEO 小関誠、以下AIU)は、中小規模の企業のお客さまが、契約時に必要な補償を容易に把握し、また簡便に契約手続きを行えるようにするために、2013年度上半期中を目処に、一部の保険商品の設計方法を約款体系も含めて刷新し、また契約締結をiPad上で行えるようにします。

AIUは、中小企業及び小規模企業者を対象に、お客さまが抱えるリスクの洗い出しを行うリスク診断から、お客さまのニーズに合った商品選び、煩雑な手続きが必要な保険契約締結の手続きまでの全てをiPad上で行えるようにします。これによりお客さまの補償内容の理解の向上を図るとともに、契約手続きにかかるご負担を軽減することが可能となります。

AIUは、合計で100万社を超える中小企業や小規模企業者の会員が所属する法人会・納税協会において、唯一の損害保険制度商品受託会社として長年に渡って保険商品を提供してきました。このたび、AIUの事業形態が日本法人化するのに合わせて顧客調査(調査対象:783社)を実施し、分析を行ったところ、中小規模の企業のお客さまのニーズの多様化、また自分の会社が必要としている補償を可能な限り簡単な手続きで、信頼できるパートナーにお任せしたいというニーズが確認できました。

従来の法人向け保険商品では、事業規模に関わらず火災保険や賠償責任保険など、それぞれの保険種別ごとの補償について説明を受け、それぞれ契約を締結、捺印するという煩雑な手続きが必要とされます。特に中小規模の企業においては、保険の手配も含め経営管理業務が経営者に集中しているケースが多いため、経営者が短時間で必要な補償を把握できるように、既存の商品や販売プロセスを全面的に改定する必要があるとAIUは判断しました。そのためのツールとしてiPadを導入するとともに、より柔軟にかつ分かりやすく補償内容を選択できるよう商品の設計方法を約款体系も含めて刷新し、商品説明から契約締結の手続きを全てiPad上で行えるようにします。今年度上半期中を目処に、約500名の営業社員にiPadの導入を完了し、さらにプロ代理店での利用も推進していく予定です。

AIUは、今後もお客さまのニーズに合ったさまざまなソリューションプランをご提供してまいります。

※iPad はApple Inc.の商標です。

《訂正とお詫び》

プレスリリース原文中の*箇所については、下記の通り訂正させていただきました。

<誤>2014年度上半期中 → <正>2013年度上半期中

最終更新日:2013/03/28 CO-00043P