プレスリリース

2013年2月4日

第13回テレワーク推進賞で2年連続「優秀賞」を受賞
〜 在宅勤務の推進でワークライフバランスの向上が高評価〜

AIU保険会社(日本における代表者 会長兼CEO 小関誠、以下AIU)は、第13回テレワーク推進賞(主催:社団法人日本テレワーク協会)において、『ワークライフバランスの向上』の取り組みが高く評価され優秀賞を受賞しました。これを受けて、2013年2月1日(金)東京・芝公園にて表彰式が開催されました。

AIUでは、在宅勤務(テレワーク)の利用により、働き方の多様化を含むワークライフバランス(WLB)の推進や、有事の際に在宅勤務に切り替えての業務継続を可能することで、保険会社としての機能を停止させずに提供できるプロセスの確立などに取り組んできました。このたび、優秀賞の基準である「目的、やり方、実績、規模、トップとの関わり」などの項目において、本取り組みが昨年に引き続き継続的に取り組んでいることが評価され、2年連続優秀賞を受賞しました。

【受賞理由】(原文のとおり)
昨年に引き続いての応募。今回はWLBを目的とした中で、組合の同意も得た継続的な取組となっている。また、大手企業らしく計画作成から結果検証までをバランスよく実施しており、結果としての実施者や上司の評価も良い。今後のさらなる拡大展開に期待したい。(金融業界での導入のお手本にもなる取組である。)

表彰式では、東京工業大学大学院比嘉教授から「AIUは2年連続の受賞となり、その取り組み事例はそのままマニュアルになるようなモデルケースである。」と審査講評を受けました。

写真左から: 東中幸二 AIU人事担当執行役員、比嘉邦彦 審査委員長

AIUは、経営方針である『お客さま中心主義』を全うすべく、これからもお客さまの求める商品・サービスを、当社代理店、社員と共にご提供してまいります。

最終更新日:2013/02/04 CO-00041P