プレスリリース

2012年7月20日

「子どもを日常の危険から守ろう〜AIU子どもリスク講座〜」が第6回キッズデザイン賞を受賞
〜 保険会社だからこそ提供できる社会貢献活動が評価 〜

AIU保険会社(日本における代表者 会長兼CEO 小関誠、以下AIU)が社会貢献活動のひとつとして取り組んでいる「子どもを日常の危険から守ろう〜AIU子どもリスク講座〜」が、キッズデザイン協議会主催のKIDS DESIGN AWARD2012における「子ども視点の安全安心デザイン 一般部門」で、第6回キッズデザイン賞(*)を受賞しました。

キッズデザイン賞は、社会的、文化的な見地から公正な評価を与え、子ども環境の高度化を図ることを目的に設けられた顕彰制度で、「日常に潜む危険とその対応を知り、子どもを事故から守る」をコンセプトに行なっているAIUの子どもリスク講座がこのたび評価されました。

本講座は子どもと保護者を対象に、身近で、簡単に、楽しく学べる内容になっており、家庭、保育園、幼稚園、学校、子ども会、地域社会など、さまざまな環境で活用可能なプログラムです。これは、子どもに関する事故の実例やデータに基づき、再発性の高い事故や、身近であるにもかからずその危険に気がつきにくい事故について、それらを未然に防止する方法を紹介するものです。長年リスクと向き合い経験を蓄積してきた保険会社だからこそ提供できる社会貢献活動の1つとして好評を博しております。

AIUでは、社会生活の中のリスクと向き合う企業として、将来を担う「子どもたちの未来」を支援していくことが企業として果たす責任の一つとして考えています。これからも日本の子どもたち・世界の子どもたちを取り巻く多様なリスクを軽減させるとともに、「子どもたちの未来」に貢献すべくさまざまなCSR活動に取り組んでまいります。

(*) キッズデザイン賞は、子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして子どもを産み育てやすいデザインの顕彰制度です。乳幼児用品や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けでありながら子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動なども対象としております。詳細につきましては、ウェブサイトをご確認ください。

以上

最終更新日:2012/07/20 CO-00034P