プレスリリース

2012年7月4日

7月・8月の毎週金曜日、浴衣等の和装での勤務を可能に
〜 外資系企業による日本文化の再認識 〜

AIU保険会社(日本における代表者 会長兼CEO 小関誠、以下AIU)は、昨年に引き続き、スーパークールビズとして、本社(墨田区錦糸)の勤務社員に限り、7月・8月の金曜日に浴衣等の和装での勤務を認めることとしました。

東京・錦糸町に本社のあるAIUでは和装を取り入れた快適な職場環境を提案することで、日本文化の再認識と更なる地域との融和を図るため、昨年に引き続き、本社勤務社員に限り浴衣など和装での勤務を可能としました。

昨年は8月のみの実施でしたが、昨年に引き続き節電対策として消費電力削減が求められるなか、空調の稼動に制限等があることや、昨年の実施により社内の雰囲気がより活性化されたことを受け、本年は実施開始を前倒しし7月からとしました。

AIUでは、カジュアルフライデーの拡大やノー残業デー、在宅勤務正式導入など、消費電力の削減に加え、新しい職場環境を模索する取組みを進めてきましたが、和装での勤務もその取り組みの一環として位置づけています。

<実施概要>

実施コンセプト:

外資系企業による日本文化の再認識

実施日:

7・8月の金曜日
7月6日、13日、20日、27日
8月3日、10日、17日、24日、31日

ドレスコード:

浴衣もしくは甚平の着用を許可

以上

最終更新日:2012/07/04 CO-00033P