プレスリリース

2012年6月25日

UCDAアワード2012 損害保険 募集ウェブページ部門で「情報のわかりやすさ賞」を受賞
〜 お客さまにわかりやすいページ構成が高い評価 〜

AIU保険会社(日本における代表者会長 兼 CEO 小関誠、以下AIU)は、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(以下 「UCDA」)主催のUCDAアワード2012(*)における損害保険 募集ウェブページ部門で、「情報のわかりやすさ賞」を受賞しました。

今回の「UCDAアワード2012」は、「生活者を守るデザイン」をテーマに行なわれ、商品の選択にかかわるデザインについての評価として、生活者を守るための「情報のわかりやすさ」が選定基準となりました。受賞した当社の自動車保険のホームページは、損害保険 募集ウェブページ部門において、お客さまの購買行動に大きな影響を与える「情報のわかりやすさ」として、必要な情報が見つけやすく、イラストが多用されているため親しみやすく、保険加入を検討しているお客さまのご理解、および手続きに一助をなしたものとして高い評価をいただきました。

受賞理由
『階層が浅く、情報が明確に区分けされ、単純明快であり、保険加入を検討しているお客さまにわかりやすいページ構成になっている』

AIUでは、自社のホームページをコンサルティングにつなげる窓口と位置付けており、経営理念である『お客さま中心主義』に則し、「お客さまの使いやすさを重視」、「お客さまのニーズにあわせた情報の充実」、「お客さまに分かり易いデザイン」を心がけた構成としております。

AIU保険会社は、お客さまに選ばれ続ける保険会社を目指してまいります。

(*) UCDAアワードは、独立した第三者の評価として、企業が発信する情報を、産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して、客観的に評価・表彰するもの。詳細につきましては、UCDAのウェブサイトをご確認ください。

以上

最終更新日:2012/06/25 CO-00030P