プレスリリース

2012年3月29日

コンテナ船輸入遅延特約を発売

AIU保険会社(日本における代表者CEO ロバート L・ノディン)は、海上輸送コンテナによる輸入が遅延した際の損害の一部を補償する特約を4月1日より発売します。

コンテナ船輸入遅延特約

[コンテナ船輸入遅延特約の特長]

従来、輸入予定の貨物を乗せたコンテナ船が公示スケジュールより遅れ、貨物の輸入者に経済的損害(国内輸送保管のキャンセル・手配替え、納期調整、商機の逸失等)が発生しても、輸送会社は遅延によって発生した損害への補償は原則行わず、また、一般的な貨物海上保険においても、遅延に伴う損害を補償することはありませんでした。今回発売する特約による補償は、貨物海上保険の包括契約の特約として付保するもので、コンテナ貨物を輸入する際の輸出地出港日と日本の輸入港到着日に基づく航海日数の遅延(5日以上を基本として、お客様の実情・ニーズに合わせてカスタマイズを可能としている)に応じて、1契約者・1コンテナ船あたり5万円から30万円を上限とする保険金をお支払いするものです。

[開発の背景]

サプライチェーンの国際化および拡大化、緻密な在庫管理の浸透による厳しい時間制限の常態化というなかでのお客さまのニーズ(輸送時間の価値に対する保険)にお応えするため、こちらの特約は開発されました。

以上

最終更新日:2012/03/29 CO-00023P