AIUからのお知らせ

 

火災保険契約の確認・調査の現況報告

 弊社では、営業・商品・システムオペレーションの各分野の執行役員をリーダーとする専門組織を立ち上げ、経営陣主導の下、お客さまの火災保険について確認・調査を行っております。これまで11,340件のご契約について、建物の構造判定に誤りがあった、あるいは保険金額の設定が適切でなかった等の事実が確認され、そのうち8,377件のご契約で保険料を過分にいただいていたことが判明いたしました。(数値は平成20年6月30日現在となります)

 過分に保険料をいただいておりましたお客さまには、順次、弊社よりご連絡を差し上げた後、お客さまの指定口座等に返戻の手続きを行っております。まだお受け取りになられていないお客さまにおかれましては、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

火災保険の契約内容点検結果(平成20年6月30日現在)

※本表の次回更新予定は10月中旬を予定しています。

【火災保険の確認・調査の現況のご報告】

点検対象のご契約数
保険料を返還した契約
ご契約数
返還額(単位: 万円)
平成19年3月以前実施
2,659
1,227
1億5,258万円
平成19年4月以降実施
1,153,131
8,377
2億6,927万円
合 計
1,155,790
9,604
4億2,185万円

※なお、平成20年6月30日現在で想定される返還見込累計額は、次の通りです。

火災保険: ご契約数:9,757契約 返還見込累計額:4億2,844万円

【平成19年4月以降実施の確認・調査の詳細】

 
「住宅※1」のご契約件数
「住宅以外」のご契約件数
合計
点検対象となったご契約件数
958,822
194,309
1,153,131
ご契約内容を訂正したご契約件数※2
8,740
2,600
11,340



構造級別の誤判定
1,343
1,618
2,961
保険金額の誤設定
296
94
390
割引の適用漏れ、適用誤認
5,827
532
6,359
上記以外の訂正※3
3,108
828
3,936

[注釈]

※1 「住宅」とは、居住以外で使用されることの無い住居専用の建物を言います。

※2 一つのご契約に複数の訂正をさせていただきました契約もございました。従いまして、訂正内容の合計件数とご契約内容を訂正させていただいたご契約件数は一致しておりません。

※3 訂正内容は訂正した項目の代表的な項目となります。「上記以外の訂正」とは、ご契約者様の住所変更、所有権の分割等に伴う記載変更、市町村合併に伴う住所変更などが該当します。

なお、ご契約先住所にお住まいでない、あるいは長期不在等の理由で、確認・調査がお済みでないお客さまにつきましては、何卒、前述のお問合わせ先へご一報いただきますようお願い申し上げます。

火災保険ご契約内容適正化ご案内

火災保険ご契約内容適正化に向けた取組みについて

火災保険契約の確認・調査結果のご報告

ご契約内容を訂正させていただいた代表的な具体事例

再発防止への取組みについて