AIUからのお知らせ

※当社が公表しました過年度の単体ソルベンシー・マージン比率に誤りがありました。詳しくはこちらよりご覧ください。

2016年8月24日

お客さま各位

AIU損害保険株式会社

2016年度第1四半期(2016年6月期)業績の概要

AIU損害保険株式会社の2016年度第1四半期の業績につきまして、以下の通り概要をお知らせいたします。

損益の状況

四半期純利益
当期純損益 △25億円

当第1四半期累計期間の四半期純損益は△25億円となりました。対前年同期比26億円の減益となったのは、主に保険引受損益が減少した影響によるものです。

保険引受損益
保険引受損益 △25億円

当第1四半期累計期間の保険引受損益は△25億円となりました。支払備金繰入額の増加、ならびに、資産運用収益の減少により、前年同期と比べ14億円減益しました。

正味損害率
正味損害率 43.1%

当第1四半期累計期間の正味損害率は43.1%となりました。4月に発生した熊本地震により、火災保険、及び傷害保険に係る損害調査費が増加した影響で、前年同期と比べて0.6ポイント上昇しました。

正味事業費率
正味事業費率 50.7%

当第1四半期累計期間の正味事業費率は50.7%となりました。火災保険の出再保険料の減少により受取出再手数料が減少したため、前年同期と比べて2.4ポイント上昇しました。

保険料収入の状況

元受正味保険料
(除く収入積立保険料)
元受正味保険料(除く収入積立保険料)711億円

当第1四半期累計期間の元受正味保険料(除く収入積立保険料)は711億円と前年同期に比べて1%の減収となりました。2015年10月の長期火災保険の売り止めの影響を受けて、火災保険料の収入が減少したことによります。

正味収入保険料
(元受正味保険料+受再正味保険料-支払再保険料)
正味収入保険料(元受正味保険料+受再正味保険料-支払再保険料)169億円

当第1四半期累計期間の正味収入保険料は169億円となりました。
元受正味保険料と正味収入保険料の差額の多くは、出再に関わる支払再保険料によるものです。当社のリスクの集積や異常災害等に備えるため、ならびに当社が所属するAIG全体としてのリスク管理等も考慮して、グループ内外の保険会社・再保険会社への出再を行っています。

純資産と支払余力(ソルベンシー・マージン)の状況

純資産
純資産 223億円

当第1四半期会計期間の純資産は、前事業年度末に比べ37億円減少しました。

単体ソルベンシー・マージン比率
単体ソルベンシー・マージン比率 698.9%

当第1四半期会計期間の単体ソルベンシー・マージン比率は、有価証券含み益の減少や当四半期の純損失等により、前事業年度末と比べ39.4ポイント低下し、698.9%となりました。

Adobe Readerのダウンロードはこちらから

上記の項目はPDF形式を使用しています。

ご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロード

最終更新日:2017/08/01 CO-000494